若いうちはどんなコスメも自分のものにできてしまいそうなベースが
あるのでお気に入りのブランドや好きなカラーを選ぶだけで見栄えする
でしょうが、アラサー超えてくると浮いてしまって若作り感たっぷりに
なってしまうこともあるので要注意!

まず、基本的にはピンク系チークを定番に自分の肌色に合ってるものを
1つ持っておきましょう。

その上で、リップやアイメイクをした時に少しチークが浮いて見える場合
にはオレンジ系のチークを重ねてトーンダウン。

最低でも2色そろえておくとどんなメイクでも対処できてとても便利です。

さらに、クリームタイプとパウダリータイプがありますが、
チークをつける頬の高い部分にシミや肝斑などが既にある場合には、
クリームタイプはあまりおススメできません。

パウダーでサッとつける程度に収めないと、余計に濃くシミを増やすことに
なるので、ブラシで軽く使えるパウダリーが無難ですよ。

ツヤが欲しい場合にはパール配合のアイテムやベース作りでオイルや乳液
を仕込んでおくのも方法です。